. Sun & Solaris 廃品利用研究所 . dot 本サイトの利用条件 dot 更新履歴 dot テクノロジー dot .
DOT
dot ハードウェア dot ソフトウェア dot ネットワーク dot 写真館 dot LaTeX dot Download dot
. .
.
メニュー

. . Solaris
. . . パッケージ
. . . . 作成する
. . . パッチ
. . . . 推奨パッチ
. . . Solaris標準
. . . . NTP
. . . . 文字変換
. . . ファイルシステム
. . . . usfdump
. . . . usfrestore
. . . . CDイメージ活用
. . . SUN RAY
. . . . TIPS
. . . apache
. . . . apache+php
. . . Freeware
. . . . Solaris 8

Solaris標準のNTPを使う


Solaris 2.6を使っていたら,今までなかったはずのNTP Serverが入ってました.
それを使ったときの記録です.基本的にはSolaris 8等でも同じ設定で動作しています.

NTPとは


 ネットワーク越しに,コンピュータの時間を同期させようとする仕組みのためのプロトコルです.
 そのコンピュータ群に一台でも正確な時計が含まれればよいわけです.
 そうすれば,自分のコンピュータも常に正しい時間を保持することができるわけです.メイルサーバなど,時間が大切なマシンにはこのような仕組みが必要です.

 ちなみにこの仕組み.ディレクトリといっしょで木の構造にマシンがぶら下がるように作られています.遠くの込み合った正確なサーバより,近くのちょっと精度の落ちるサーバのほうが効率がよいわけです.そうすることによって,負荷も分散できるというものです.詳しくはRFCを読んでみてください.

SolarisでNTP


 Solarisにもその機能が含まれています.
 しかも有効にする方法は簡単です.たった一つのファイルを作るだけなのですから.


 /etc/inet/ntp.conf


このような名前のファイルを作ればよいのです.
 もっとも,中身が問題なのですが.

クライアントになる


 多くの場合はクライアントになることが多いでしょう.
 このSolarisのntpはクライアントになると,自動的にサーバにもなれるというすばらしい設定ですから,9割以上の方はこれでOKです.これ以外の設定が必要な方はGPS装置をつないで自分自身が一番精度のよい時計になるような場合だけです.
 そんな時計の場合は,今回は省略してしまいましょう.

設定ファイルの書き方


 クライアントにするなら,雛型が/etc/inet/ntp.clientにあります.これをコピーしてしまえばよいでしょう.


# /etc/inet/ntp.client
server cesium.mtk.nao.ac.jp
server clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server ntp.sut.ac.jp    prefer


このように,参照したいサーバを羅列します.

 この後に,ntpを起動すれば終了です.
 クライアントマシンなら考えずにリブートしてもいいのかもしれませんね.

標準添付の設定ファイル


 /etc/inet/には,ntp.server,ntp.clientという2つの雛型が用意されています.
 これらを示します.
/etc/inet/ntp.server

# @(#)ntp.server	1.5	99/09/21 SMI
#
# /etc/inet/ntp.server
#
# An example file that could be copied over to /etc/inet/ntp.conf and
# edited; it provides a configuration template for a server that
# listens to an external hardware clock, synchronizes the local clock,
# and announces itself on the NTP multicast net.
#

# This is the external clock device.  The following devices are
# recognized by xntpd 3-5.93e:
#
# XType Device    RefID          Description
# -------------------------------------------------------
#  1    local     LCL            Undisciplined Local Clock
#  2    trak      GPS            TRAK 8820 GPS Receiver
#  3    pst       WWV            PSTI/Traconex WWV/WWVH Receiver
#  4    wwvb      WWVB           Spectracom WWVB Receiver
#  5    true      TRUE           TrueTime GPS/GOES Receivers
#  6    irig      IRIG           IRIG Audio Decoder
#  7    chu       CHU            Scratchbuilt CHU Receiver
#  8    parse     ----           Generic Reference Clock Driver
#  9    mx4200    GPS            Magnavox MX4200 GPS Receiver
# 10    as2201    GPS            Austron 2201A GPS Receiver
# 11    arbiter   GPS            Arbiter 1088A/B GPS Receiver
# 12    tpro      IRIG           KSI/Odetics TPRO/S IRIG Interface
# 13    leitch    ATOM           Leitch CSD 5300 Master Clock Controller
# 15    *         *              TrueTime GPS/TM-TMD Receiver
# 17    datum     DATM           Datum Precision Time System
# 18    acts      ACTS           NIST Automated Computer Time Service
# 19    heath     WWV            Heath WWV/WWVH Receiver
# 20    nmea      GPS            Generic NMEA GPS Receiver
# 22    atom      PPS            PPS Clock Discipline
# 23    ptb       TPTB           PTB Automated Computer Time Service
# 24    usno      USNO           USNO Modem Time Service
# 25    *         *              TrueTime generic receivers
# 26    hpgps     GPS            Hewlett Packard 58503A GPS Receiver
# 27    arc       MSFa           Arcron MSF Receiver
#
# * All TrueTime receivers are now supported by one driver, type 5.
#   Types 15 and 25 will be retained only for a limited time and may
#   be reassigned in future.
#
# Some of the devices benefit from "fudge" factors.  See the xntpd
# documentation.

# Either a peer or server.  Replace "XType" with a value from the
# table above.
server 127.127.XType.0 prefer
fudge 127.127.XType.0 stratum 0

broadcast 224.0.1.1 ttl 4

enable auth monitor
driftfile /var/ntp/ntp.drift
statsdir /var/ntp/ntpstats/
filegen peerstats file peerstats type day enable
filegen loopstats file loopstats type day enable
filegen clockstats file clockstats type day enable

keys /etc/inet/ntp.keys
trustedkey 0
requestkey 0
controlkey 0


/etc/inet/ntp.client


# @(#)ntp.client	1.2	96/11/06 SMI
#
# /etc/inet/ntp.client
#
# An example file that could be copied over to /etc/inet/ntp.conf; it
# provides a configuration for a host that passively waits for a server
# to provide NTP packets on the ntp multicast net.
#

multicastclient 224.0.1.1 # ntp情報をmulticastで.

     
  POWERED BY Visual Editor! Valid HTML 4.01! Valid CSS!
DOT LOGO
■作成日■ 2003.02.02 ■更新日■ 2003.02.02 ■作成者■ Shuntaro Tojo
本ページは,Netscape 7.0/InternetExplorer 6.0でのみ表示確認しています.
.