. Sun & Solaris 廃品利用研究所 . dot 本サイトの利用条件 dot 更新履歴 dot テクノロジー dot .
DOT
dot ハードウェア dot ソフトウェア dot ネットワーク dot 写真館 dot LaTeX dot Download dot
. .
.
メニュー

. . Solaris
. . . パッケージ
. . . . 作成する
. . . パッチ
. . . . 推奨パッチ
. . . Solaris標準
. . . . NTP
. . . . 文字変換
. . . ファイルシステム
. . . . usfdump
. . . . usfrestore
. . . . CDイメージ活用
. . . SUN RAY
. . . . TIPS
. . . apache
. . . . apache+php
. . . Freeware
. . . . Solaris 8

ディスクが吹っ飛んだ.そのとき


普段,バックアップはとっているものの,緊急時以外はまずリストアなんてしないものです.そんなものだからいざとなると焦るものです.
その場合の情報をここにまとめておきます.

ディスクを交換

故障したディスクを使うわけには行きませんから,まず,同じ型かそれ以上のサイズのディスクを用意します.できれば同じメーカ,同じ型番の新しいロットのものなんかが適当でしょう.

データを戻す準備

では,ディスクのスライスを切っていきましょう.

おもむろにCD-ROMをドライブに突っ込み,PROMから(電源を入れてすぐ,STOP+Aを連打でPROMに抜けましょう.

ok boot cdrom -sr

これだけ.
しばらく待つと,rootなプロンプトで上がってきます.
上がってきたらディスクのスライスを整えます.
まず使うのはformatですね.

# format
Searching for disks...done


AVAILABLE DISK SELECTIONS:
0. c1t1d0 <SUN18G cyl 7506 alt 2 hd 19 sec 248>
/pci@8,600000/SUNW,qlc@4/fp@0,0/ssd@w2100002037a55bce,0
Specify disk (enter its number): 0
selecting c1t1d0
[disk formatted]

まず,formatを実行すると,どのディスクをいじるのかを選択する必要があります.
この例を見るとディスクは1個しかないのですが,複数ついている場合は適切なものを選ぶ必要があります.
ここでは1個しかないですから,表示されているディスクの番号,0を選択します.


FORMAT MENU:
disk - select a disk
type - select (define) a disk type
partition - select (define) a partition table
current - describe the current disk
format - format and analyze the disk
repair - repair a defective sector
label - write label to the disk
analyze - surface analysis
defect - defect list management
backup - search for backup labels
verify - read and display labels
save - save new disk/partition definitions
inquiry - show vendor, product and revision
volname - set 8-character volume name
!<cmd> - execute <cmd>, then return
quit
format> p

操作の一覧がでました.今回はフォーマット済みのディスクですので,いきなりパーティションを切ってしまうことにします.
もし,フォーマットされていない場合(ふつうはいらないと思うんだけど)fコマンドを使ってformatしてください.
多くの場合は長時間を要する作業になります.

パーティションを切る場合はpコマンドになります.


PARTITION MENU:
0 - change `0' partition
1 - change `1' partition
2 - change `2' partition
3 - change `3' partition
4 - change `4' partition
5 - change `5' partition
6 - change `6' partition
7 - change `7' partition
select - select a predefined table
modify - modify a predefined partition table
name - name the current table
print - display the current table
label - write partition map and label to the disk
!<cmd> - execute <cmd>, then return
quit
partition>

ここからパーティションを設定していきます.
ここでは,元のドライブ構成と同じように設定してゆきます.
設定方法は次のような感じになります.

partition> 0
Part Tag Flag Cylinders Size Blocks
0 root wm 0 - 55 128.84MB (56/0/0) 263872

Enter partition id tag[root]:
Enter partition permission flags[wm]:
Enter new starting cyl[0]:
Enter partition size[263872b, 56c, 128.84mb, 0.13gb]: 55c

単純にパーティションの番号を選択して,そのtag,パーミッションフラグ,開始シリンダと,サイズを指定します.
このあたりは,単純に前回設定したものをそのまま入力すればよいでしょう.

partition> p
Current partition table (unnamed):
Total disk cylinders available: 7506 + 2 (reserved cylinders)

Part Tag Flag Cylinders Size Blocks
0 root wm 0 - 54 126.54MB (55/0/0) 259160
1 usr wm 56 - 258 467.06MB (203/0/0) 956536
2 backup wm 0 - 7505 16.86GB (7506/0/0) 35368272
3 unassigned wm 204 - 425 510.77MB (222/0/0) 1046064
4 swap wu 427 - 648 510.77MB (222/0/0) 1046064
5 unassigned wm 650 - 1539 2.00GB (890/0/0) 4193680
6 usr wm 1541 - 2430 2.00GB (890/0/0) 4193680
7 unassigned wm 2431 - 7505 11.40GB (5073/0/0) 23903976
設定して,たとえばこんな感じになればよいでしょう.
pというコマンドは,現在の状態が表示されます.
間違っていれば,パーティションを指定して書き直せばよいでしょう.

partition> label
Ready to label disk, continue? yes
表示されたパーティション情報が正しければ書き込みをしてしまいましょう.
命令はlです.確認でyesとすればそのまま書き込まれます.

partition> q


FORMAT MENU:
disk - select a disk
type - select (define) a disk type
partition - select (define) a partition table
current - describe the current disk
format - format and analyze the disk
repair - repair a defective sector
label - write label to the disk
analyze - surface analysis
defect - defect list management
backup - search for backup labels
verify - read and display labels
save - save new disk/partition definitions
inquiry - show vendor, product and revision
volname - set 8-character volume name
!<cmd> - execute <cmd>, then return
quit
format> q
あとは,qコマンドでさくさく終わらせます.
これでパーティションはざっくり切れます.


ざっくりパーティションが切れたところで,newfsでファイルシステムを整えましょう.

# newfs /dev/rdsk/c1t1d0s0
newfs: construct a new file system /dev/rdsk/c1t1d0s0: (y/n)? y
/dev/rdsk/c1t1d0s0: 259160 sectors in 55 cylinders of 19 tracks, 248 sectors
126.5MB in 4 cyl groups (16 c/g, 36.81MB/g, 17664 i/g)
super-block backups (for fsck -F ufs -o b=#) at:
32, 75680, 151328, 226976,
c1t1d0s0(スライス0)をnewfsした例ですね.
この感じで全部のスライスをこなします.

データを戻す

では,早速,データを戻していきましょう.

# mount /dev/dsk/c1t1d0s0 /mnt
# cd /mnt
# usfrestore rvf /dev/rmt/n
# rm restoresymtable
# cd /
# umount /mnt
# fsck /dev/rdsk/c1t1d0s0

このような流れで,すべてのパーティションにデータを戻します.

# installboot /usr/platform/`uname -i`/lib/fs/ufs/bootblk /dev/rdsk/c1t1d0s0

の様にして,rootにブートできるようないたずらをします.
ここまでしたら,再起動してみましょう.
これで復帰しているはずです.
     
  POWERED BY Visual Editor! Valid HTML 4.01! Valid CSS!
DOT LOGO
■作成日■ 2003.09.28 ■更新日■ 2003.09.28 ■作成者■ Shuntaro Tojo
本ページは,Netscape 7.0/InternetExplorer 6.0でのみ表示確認しています.
.